『らんちたいむ狂想曲』

このページは約 11分42秒で読めます。

ごく普通の日常がそこにあるはず……だった。

「祐一さ~ん」

教室に響く、澄んだ声。

オレに浴びせられる好奇と羨望、そして妙に殺気立った視線の雨あられ……。

「早いわね」

「早いね」

「早いぞ」

「……ぐぁ」

見事にハモった三つの声に俺は呻くしか出来なかった。

「し、栞……」

勝手知ったるなんとやら。

満面の笑顔を浮かべ、ぱたぱたと手を振った栞を見て、俺は苦笑を浮かべるしかなかった。

らんちたいむ狂想曲
Lunchtime Capriccio

「こんにちは、栞ちゃん」

「あ、こんにちはです、名雪さん」

「よぉ、相変わらず可愛いな、栞ちゃん」

「もぅ、そんなこと言ってもダメですよ」

「北・川・君……?」

「はっ……!?」

「お姉ちゃん?」

「ふぅ……。栞、相変わらず、そんなにお弁当抱えてどうするのよ……」

「あはは、でも祐一さんいっぱい食べてくれますよー」

「祐一、お腹、大丈夫~?」

「大丈夫よ、相沢君は栞のためならなんでもしてくれるもんねー」

「お、お姉ちゃん……」

「んー、さすがだな、相沢」

「祐一にはもったいないよね、やっぱり」

「そうそう。どう、栞ちゃん? 相沢なんてほっといて今日の放課後でも……」

「え、えっと……」

「北・川・君……?」

「はっ……!?」

お~い。

「それにしてもたくさんのお弁当だね」

「はいっ。毎朝大変だけど頑張ってます」

「手伝わされるあたしの身にもなってよね」

「わたし、朝は弱いからとてもお弁当なんて作れないよ」

「そうね」

「そうだな」

「そうですね」

「……みんな、ヒドイこと言ってる……?」

お~い。

「えっと……、ところで、みなさん今日のお昼はどうされますか?」

「香里、どうする?」

「あたしは、栞に付き合って自分のお弁当も作っちゃったし」

「俺は学食だな」

「わたしも、学食だよ」

「また、Aランチ?」

「うん。美味しいよ」

「……はぁ」

「香里、何となくそのため息はヒドイよ……」

お~い。

「あ、じゃあ」

「どうしたの?」

「えっと、お天気もいいし、皆さんご一緒しませんか?」

「え? いいの?」

「はいっ。皆さんさえよろしければ……」

「うおぉっ、嬉しいぜっ!」

「北川君、あとでちょっといいかしら?」

「ぐぁっ! す、すまん、美坂……。つい」

「あとでゆっくり聞いてあげるわ」

「はぅ……」

「あ、それじゃどうしましょうか?」

「しょうがないから、付き合ってあげるわよ」

「わ、お姉ちゃん、何だかイヤそうです」

「そ、そんなことないけど」

「北川君と、食べるつもりだったんだよねー」

「な、何言ってるのよっ」

「あれ、違うの?」

「も、もうっ!」

お~い。

「あ、それじゃ、お昼そろそろ行こうよ」

「そうだな」

「はいっ」

「それじゃ行きましょうか」

「うんっ、行こう」

「祐一さん、行きましょう」

「あ、ゴメン、祐一、忘れてたよ」

「俺も」

「あたしも」

……

「お前ら……」

「わぁっ、いい天気だよ」

「そうね」

「絶好の弁当日和だなっ」

「気持ちがいいですねー」

「はぁ……」

「いつまで落ち込んでるの?」

「祐一らしくないよ~」

「そうだな。明日は雪でも降るんじゃないか?」

「降るかっ!」

「――祐一さん、すみません。ご迷惑でしたか……?」

「いや、全然そんなことはないぞ」

「そうですか?」

「ああ」

「そうよね、いつまでも根に持つなんてらしくないわよ」

「明日になればきっと忘れてるよ」

「今日の放課後にはけろっとしてると思うぞ」

「お前らなぁ……」

「あ、祐一さんこの辺でいいですか?」

「ん? ああ、日当たりもいいし、ここでいいぞ」

「はい。それじゃ、ちょっと待ってくださいね」

「祐一~、少しは手伝ってあげた方がいいよ?」

「冷たいのね、相沢君」

「男の風上にも置けんな」

「……」

「はいっ、準備オーケーですっ」

「ごくろうさま、栞ちゃん」

「それじゃ、遠慮なく」

「あ、北川君、もうちょっと場所空けてよ」

「あ、悪い、美坂」

「はいっ、祐一さんはここですね」

「お、おう……」

「あたしは自分のお弁当を食べるけど」

「はいっ、私たちのお弁当、遠慮なく食べてくださいね。名雪さん、北川さん」

「わ。『私たちの』だって……」

「羨ましいこと言われやがって」

「じゃあ、北川、お前も香里に作って貰えばいいだろ?」

「美坂っ! 作ってくれるか?」

「――イヤ」

「ぐはぁ……」

「……ふっ」

「相沢……何だその笑いは?」

「何でもないぞ?」

「くそぅ」

「ほらほら、北川君、食べないの? とっても美味しいよ~」

「わっ、嬉しいですー」

「祐一、ラッキーだね。毎日お昼が楽しみでしょ?」

「お、俺も食うぞ!」

「わ、いっぱいありますからゆっくりで大丈夫ですよ」

「おおっ、ホントに美味い。相沢ばっかりいい思いしやがって、許せんな」

「あのなぁ……、香里がスゴい目で睨んでるぞ……」

「……ぐっ!」

「ホラ、お茶……。――ったく、少しはアイツのことも考えてやった方がいいんじゃないのか?」

「お前にだけは言われたくないな」

「なんでだよ?」

「イヤ、何となく。色々といい思いしてそうだからな、お前は」

「ふたりでこそこそ何してるのかしら?」

「あっ、イヤ、香里の手料理、食ってみたいなって。なっ、北川」

「おうっ。栞ちゃんがこんなに上手いんだから、美坂も美味い料理作るんだろうなって」

「当然でしょ」

「お姉ちゃんに、色々と教えて貰いましたー」

「香里も結構家庭的だからね」

「さすがだな、香里」

「と言うわけで、今度食わせてくれな」

「なんでそうなるのよ……」

「ダメか? 美坂……」

「うっ……。か、考えておくわよ」

「よしっ! 今の言葉、俺の心の奥底に深く刻んでおいたぞっ!」

「何よそれ……」

「何となくだ」

「まぁ、いいわ。でも、あんまり期待はしないでね」

「おうっ!」

「良かったな、北川」

「おうっ、やっぱお前は俺の一番の友だな、相沢」

「まぁな」

「ねー、何こそこそ話してるの?」

「祐一さん、私のお弁当、美味しくないですか……?」

「全然そんなことないぞ。相変わらず美味いぞ」

「ありがとうございますー。じゃあ、私の分もどうぞ」

「ぐぁ……、栞、ちょっとこれは多すぎだと思うぞ……」

「そんなことないです」

「相沢君、栞の手料理が食べれないの?」

「一生懸命作ったんだから、食べないとダメだよ、祐一」

「幸せ者だな、相沢」

「祐一さんなら食べれますよ。はいっ」

「わ、分かった」

「わー、祐一、頑張ってね」

「相沢、骨は拾ってやる」

「北川さん、そんなこと言う人、嫌いですー」

「北川君~?」

「ああっ、しまったっ!」

「哀れだな、北川……」

「祐一さん、どうぞ」

「はっ!?」

「お互い様だな、相沢」

「ぐぅ……。そのようだ」

「ふぅ、ごちそうさま、だよ」

「あっ、名雪。もっと食べていいのに!」

「ダメだよ。お腹一杯だし、このお弁当は祐一のために作ったものだからね」

「そうですよっ。ちゃんと食べてくださいね」

「相沢君、頑張ってね」

「ちょっと待てぇ、お前ら! 昼飯食ったらとっととお暇かっ?」

「うん、お腹一杯だから」

「あたしたち、お邪魔みたいだから」

「じゃあな、相沢」

「北川君と、ちょっと話もあるから、ね」

「み、美坂……、ちょっと待て……」

「あとでゆっくりと聞いてあげる、って言ったでしょ?」

「うぐぅ」

「誰かみたいなセリフはいいから。行くわよ」

「さらば、北川」

「じゃあね、祐一、栞ちゃん」

「あ、はい。またです」

「ごちそうさま。美味しかったよ、お弁当」

「ありがとうございますっ、名雪さん」

「うん。またね」

「じゃあな、名雪」

「ちゃんと、食べなきゃダメだよ」

「……薄情者」

「祐一さん、何か言いました?」

「な、なんでもないぞ。さて、残り早く食べないとなっ」

「はいっ。どんどん食べてくださいっ」

「うぅ……」

「それじゃ、ね」

「はいっ」

「じゃあな」

「なぁ、栞……」

「はい?」

「やっぱり、今日は狙ってただろ……?」

「何をですか?」

「いつもより、弁当の量が多い気がするんだが……」

「そんなことないですよー」

「そうか?」

「祐一さんにいっぱい食べて欲しいんです」

「それにしても多すぎ」

「ダメですか……?」

「それ以前に俺だけじゃ食べれないって」

「でも、食べるって言いましたよね」

「イヤ、だから量が……」

「食べるって言いましたよね」

「量が……」

「言いましたよね」

「……」

「さ、どうぞ遠慮しないで食べてください」

「……はい」

「今日はちゃんと全部食べてくださいね」

「マジか……?」

「食べるまで帰しませんよ」

「――もっと別のシチュエーションで言って欲しかった」

「なんですか、それって?」

「そうそうっ! もう昼休み終わりだって、教室戻らないと」

「大丈夫ですよ」

「なんで……?」

「私、今の授業の範囲、去年終わらせてますから」

「ぐぁ……」

「だから、大丈夫です」

「イヤ、俺は大丈夫じゃない」

「ちゃんと食べてくださいねー」

「授業が……」

「大丈夫ですよー」

「俺は大丈夫じゃないっ!」

「そんなこと言う人、嫌いですー」

「授業ぉぉぉぉ~~~!」

「食べてくださいねー」

「勘弁してくれぇぇぇぇ~~~!」

空は嫌味なほど青かった。

「食べてくださいねー」

ごく普通の日常がそこにあるはず……だった。

「食えるかぁぁぁぁ~~~!」

俺の日常って……。

一体……。

☆お・わ・り☆

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 『らんちたいむ狂想曲』

Still quiet here.

Comments are closed.