笑顔のままで

このページは約 5分1秒で読めます。

ねぇ、笑えてる?

笑えてるかな?

ずっと、待ってたんだよ。

約束、信じてたんだよ。

ずっと、信じてたんだよ。

浩平。

帰って来るのを。

ずっと、待ってたんだよ。

笑顔のままで

一年。

早かったのかな?

それとも、短かったのかな?

いろいろあったような気もするし。

何もなかったような気もするよ。

でもね、浩平。

浩平のことだけは。

絶対忘れたくないって。

それだけは変わらなかったよ。

だって。

浩平。

わたしには浩平しかいないんだもん。

言ったよね?

覚えてる?

『でもね、わたしはやっぱり浩平なんだ』

『浩平でないと、ダメなんだよ』

今も変わってないよ。

わたしの気持ち。

浩平への想い。

大好きだって。

ううん。

そんなんじゃないよ。

もっと、別の気持ち。

ダメなんだよ。

上手く言えないけど。

ダメなんだ。

浩平がいないと。

わたし、ダメなんだよ。

だから。

お願いだよ。

浩平。

信じさせて。

今。

こうしてるわたしたちを。

夢じゃないんだって。

この温もりが。

夢じゃないんだって。

信じていいんだよね?

浩平の言葉。

信じていいんだよね?

一年。

ずっと。

我慢してたけど。

頑張ってたけど。

もう。

疲れちゃってたから。

やっぱりダメだよ。

浩平がいないと。

ダメなんだ。

ねえ、浩平?

わたし、笑えてたよね?

約束、守れてたよね?

浩平が消えたあの時から。

一生懸命笑ってたんだよ。

ずっと。

浩平が帰って来てくれたあの時まで。

一生懸命笑ってたんだよ。

暑い夏も。

肌寒い秋も。

凍てついた冬も。

別れの春も。

浩平が悲しむと嫌だから。

一生懸命笑ってたんだよ。

お願い。

お願いだよ。

もう。

ひとりにしないで。

浩平。

本当に。

わたし。

淋しかったんだから。

ひとりは。

もう、イヤだよ。

だから。

浩平。

ひとりにならないで。

わたしがいるから。

ずっと。

一緒にいるから。

太陽の輝く夏も。

赤く燃える秋も。

雪の降り積もる冬も。

出逢いの春も。

わたしが一緒にいるから。

ずっと。

一緒だから。

浩平も笑ってね。

一緒に笑ってね。

わたしと一緒に。

いつも。

どんなときも。

もう。

悲しい想いはしないでいいんだよ。

わたしが一緒だから。

もう。

淋しい思いはしないでいいんだよね?

浩平が一緒だから。

もう。

淋しくないよ。

これからもきっと。

一緒だから。

ずっと一緒だから。

夜の静けさが耳に痛いよ。

でも。

不思議だよ。

落ち着くね。

ひとりだと泣きそうだった夜も。

恐くないよ。

淋しくないよ。

浩平の温もりが心を包んでいくよ。

知らなかったよ。

浩平の腕の中。

こんなにあったかかったんだ。

浩平の胸。

こんなに広かったんだ。

ね、浩平?

朝が来たら。

わたし、また笑ってあげるよ。

今までで一番の笑顔。

浩平に見せてあげられると思うよ。

いっぱい遊ぼうね。

いっぱいいろいろなところ行こうね。

一年、待ったんだから。

これくらいのわがまま。

いいよね?

浩平?

夜はまだ長いけど。

夜明けにはまだ早いけど。

待ち遠しいよ。

朝が。

浩平の笑顔が。

それまでは。

わたしも少し眠るね。

浩平、あったかいから。

いい夢見れるよね。

おやすみ。

浩平。

幸せだよ。

いっぱいの。

笑顔を。

ありがとう。

-了-
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 笑顔のままで

Still quiet here.

Comments are closed.