猫の地球儀〈その2〉幽の章

このページは約 36秒で読めます。

猫の地球儀〈その2〉幽の章読了。

_| ̄|○

呆然。それだけだなぁ。とある章の最後の1行で数分硬直しちゃったよ。

やるな、秋山瑞人。搦め手からの攻撃は耐性低いから効くんだよう。ナーバスなときに読む作品じゃないな、これは。テンション高いときに読んでもへこむけど。

地球儀は遙か遠く、思いを馳せる猫たちが生まれるたびに彼女は別れを定められるわけで。願わくば、希望と絶望を積み重ねてきた、スカイウォーカーの夢が実現するような、そんな物語を読ませてほしいものです。このまんまじゃ、悲しすぎる。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 猫の地球儀〈その2〉幽の章

Still quiet here.

Comments are closed.