学校を出よう!〈2〉

このページは約 53秒で読めます。

学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me読了。

前巻に比べると、非常に物語の展開に起伏があって楽しんで読めたかと。素直に面白いと思いましたよ。ただ、種明かしの部分がどうにも、やっぱり強引なまとめ方になってるのは、そもそもEMPというトンデモな能力が在るという世界においての物語だから、そういう物だと納得するしかないのでしょうね。

主人公の置かれた立場が非常にあやふやで、かつ面白い物だったのですが、深く考えれば考えるほどワケわからなくなるのは、時間移動という題材を扱う物語には多かれ少なかれありますよね(^^;

まぁ、感覚的には同氏の著作「涼宮ハルヒ」シリーズでもたびたび取り上げられる時間移動と非常に近しい印象を受けるので、あるいは世界観の共有も多少はあるのかなとか妄想してみたり。

さて、3巻以降も買ってこないとな……。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 学校を出よう!〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.