学校を出よう! (6)

このページは約 1分8秒で読めます。

学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME 電撃文庫 (0996)読了。

いや~、面白かった。

前巻と同じようなテンションで続いたらどうしようかと思ったけど、終盤の盛り上がり方に大満足です。

ずいぶんとメタ的なストーリーでしたが、すでにEver17などをプレー済みだと、驚きという面ではパンチ力不足だったりするのは残念かな。まぁ、それを除いても、ぐいぐいと読ませるだけの筆力はさすがです。

宮野秀作の台詞は、世界そのものに対しての言葉ですね。読んでいる読者に突き刺さるような、それを干渉者はネタバレを避けるために改竄を施すと。作者の手を離れてキャラクターが動き出すという現象を、作品内で意図的に見せてくれるあたり、心憎いじゃありませんか。宮野の台詞の痛快さは、この作品世界を俯瞰しようと思う、読者の台詞の代弁に他ならないなのかもしれませんね。必死にそれを邪魔しようとするインターセプターとインスペクタは、さながら作者と編集者ってところですか?

深読みすればするほど、別の面からも楽しめるという意味で、読み応えのあったエピソードでしたね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 学校を出よう! (6)

Still quiet here.

Comments are closed.