灼眼のシャナ

このページは約 32秒で読めます。

灼眼のシャナ読了。

絵師がいとうのいぢ氏ということを、読むまで気付きませんでした(^^;

シャナ、かわいいよ、シャナ。

バトルメインものになるのでしょうか? 物語を通してのシャナの心情の変化というのが十分に描き切れていないのがもったいないですね。良い素材なんだから、しっかりと描き切ってほしかった。

でも、ま、少しずつ変わってるというのは実感できるし、吉田一美嬢とのシャナの悠二を巡った恋のさや当てに期待大(笑)

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 灼眼のシャナ

Still quiet here.

Comments are closed.