砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

このページは約 34秒で読めます。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない読了。

なんですか、この恐ろしい物語は。

冒頭の文章からインパクト十分。

結末が最初に知らされて、そこへ向かって物語が進んでいくのがこれほど怖いというのは、久方ぶりの経験でした。

もう、終盤の主人公の視点と同調してしまうと、気持ち悪いわ、涙は出そうになるわで、散々です。

とりあえず、ヘコんでるときに読む作品ではないですね。死にます。

この結末の救いのなさは、このご時世にこそ理解できる感傷なのかもしれません。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

Still quiet here.

Comments are closed.