灼眼のシャナ〈6〉

このページは約 38秒で読めます。

灼眼のシャナ〈6〉読了。

うわあああああ、凄いところで続いたよ!?

あとはもう、転げ落ちるだけ。日常は壊れるし、お互いの気持ちも変わり始めていきます。自分の気持ちに気付いたからとて、激動する周囲に飲まれていくだけで、それ以外に何ができるとというのか。

悠二を巡る、シャナと一美嬢のバトルは苛烈を極めるし、人間らしい感情にとまどうシャナは、そんな状態で徒との戦いに赴くことができるのか。見なければ良かった真実に、気付いてしまった一美嬢の採る道は、いずれなのか。

気になることばかりで次巻へ続くっ!

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 灼眼のシャナ〈6〉

Still quiet here.

Comments are closed.