灼眼のシャナ (7)

このページは約 49秒で読めます。

灼眼のシャナ (7)読了。

恋する乙女は一直線なお話。前巻の引きが、重い余韻を残したままだったので、冒頭はかなりきつい部分もありますが(^^;

ここで、物語は一つのターニングポイントを迎えたということですか。己の想いを自覚し、前へ進むことを選ぶ。フレイムヘイズの誇り云々ではなく、一個の人として。対等の立場の強敵である一美嬢のおかげか、無自覚にもだんだん変えられていく・変わっていくシャナの姿を追っていくことができるもの、また楽しいものですね。

足かけ3年とかで作品に付き合ってると、やきもきするのでしょうが、ここまで数日で辿り着いたので、そういった意味ではお得だったのかも。

それと、マッドサイエンティストはやっぱり燃えますな! バカで!!

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 灼眼のシャナ (7)

Still quiet here.

Comments are closed.