よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター

このページは約 1分9秒で読めます。

よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター読了。

1巻に比べるとボリュームが減った分、密度が上がっていて、トータルの面白さは上昇している風味。

あとがき先に読んで、恋愛もの? とか疑問に思ったわけですが、なるほど。

最後のオチは、直前の展開を見ると自然導かれるものと思いますが、終わり方としてはかなりきれいなものだったかと。ただ、美鎖がなぜ彼に恋愛感情を抱いたのかの説明が全くないので、単に自らの記憶のバックアップとして彼を利用したのではないかと穿ってしまいます。あぁ、もしかしたらそうなのかも。でも、彼女の羞恥による感情の揺れは演技じゃないと思えるんだけどなぁ。

一応の主人公のこよみは、少しずつ彼女だけの価値を見いだしつつあるような。本人は気付いてなくても、周囲がその価値を認めているようですし。

全体的に、各登場人物の行動理念に深みが感じられないので、薄っぺらさがまだ残っているように感じられるのがこのシリーズの欠点かな。ページ数が少ないだけに、もう少し増量しても動機付けなどの面で深く描いてくれたらと残念に思えます。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター

Still quiet here.

Comments are closed.