災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉

このページは約 34秒で読めます。

災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉読了。

5編の短編で構成された、これまでのシリーズの後日談、あるいは外伝的なエピソードの数々。

ガユスとギギナは相変わらず命がけで罵り合うし、ジヴさんは壊れて大変なことになるし、これまでのとことんシリアスな作風に一息付けてくださいと言わんばかりの閑話休題的なお話で、とても和みます。

もっとも、いくつかのエピソードは、やはりこの世界の理不尽さや、咒式士の有り様の歪さ、裏を読みながらだと救いのなさが確かにあるのがションボリなのですが。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.