お・り・が・み 天の門

このページは約 52秒で読めます。

お・り・が・み 天の門読了。

完全絵買いでそれ以上の評価は出来ないなぁ。ケロQの中の人が絵を担当してるので、どうにもモエかんとイメージが被ってしまいなんだかなぁ、な感じ。

ヒロインの不幸っぷりはなかなか侮れないものがありますし、それを受け入れるわけでなく、うじうじ悩んで回りに八つ当たりするあたり、ある意味等身大なのかも。

で、文章の上手下手が場面場面で顕著に出るのはいかがなものか。終盤のバトルの描写はしょっぱいなぁ。ネーミングセンスがないぞ、作者さん。や、もしかしたらTVゲーム的な魔法表現への揶揄が含まれてるのかもしれないけれど、単体として見たときに、この直球過ぎる魔法の名前や登場人物の二つ名はどうかと(^^;

で、どうやらまだ続くようですよ? とりあえず、もう1巻は付き合ってみる所存。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to お・り・が・み 天の門

Still quiet here.

Comments are closed.