ご愁傷さま二ノ宮くん〈2〉

このページは約 58秒で読めます。

ご愁傷さま二ノ宮くん 2

読了。

素晴らしい。前巻の不満点なぞ遙か彼方なラブでコメな展開に大満足。

前巻ではほとんど掘り下げられていなかった主人公とツンデレな生徒会長、麗華嬢との邂逅のエピソードは上手いですね。そりゃ、目の敵にされますよ、二ノ宮くん。一方メインヒロインであるはずの真由さんは、今回は脇役に徹している、というよりも、麗華嬢を引き立てる当て馬的な役所なので、ある意味、不憫かもしれません合掌。

二巻では、とにもかくにも麗華嬢の描写に尽きますね。毅然とし、高潔であり、非の打ち所のない最強のお嬢様、しかし裏を返せば寂しがりで、ひたすら主人公を想いつつも、素直になれない意地っ張りな一面を、ふとしたことで覗かせる。こんなキャラが魅力的でないはずがないでしょう。本巻はまさに麗華嬢のためのエピソードであり、次巻以降へ続く波乱をも予感させる、大変よろしいエピソードでした。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ご愁傷さま二ノ宮くん〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.