バイトでウィザード―とどけよこの憎しみ、と少年は涙した

このページは約 47秒で読めます。

バイトでウィザード―とどけよこの憎しみ、と少年は涙した読了。
ようこそ、シリアスアンドバイオレンスな世界へ。
京介と豊花を取り巻く世界は、彼らを中心にどんどんと収束していってる予感。すでに、普通の学生としての生活を送ることすら困難になりつつある状況に、テンションをあげるべき役柄であるはずの豊花すらもシリアスっぷりを全開にして、こちらが戸惑ってしまいますね。
この作品群にしては珍しく、構成の妙に唸ったり。冒頭の文章の主体が誰なのか、すっかりと騙されてしまいました。今回の真の的が誰なのか、明らかになる瞬間は、京介よろしく運命の悪戯を呪い、一気に次巻まで読破してしまいました。
いや、脳天気な短編集とは違って、こちらの雰囲気の方が私には合ってるな。素直に面白かった。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to バイトでウィザード―とどけよこの憎しみ、と少年は涙した

Still quiet here.

Comments are closed.