ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん

このページは約 50秒で読めます。

ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん読了。

巻末の短編には、本編に未登場の鈴璃嬢が出てきたり、単なる短編集で片付けると次巻以降に置いてけぼりを食らいそうな三編の短編集。

些細なエピソードを交えながら、住人同士の関係の微妙な移ろいや、互いへの感情が明らかになったりと、大きな展開はないながらも、それなりに手堅くまとまっている印象。まぁ、短編集を出されるよりも本編の先を読みたいというわがままくらいは許してほしいところですが。

綾さんとのエピソードは、のんびりしつつも、邪推すれば意外に黒かったりするのでは、などと思いつつ、羞恥に頬を染める綾さんも新鮮でえろ可愛いなとか不躾なことも考えたりするのでした。

今回はカラーイラスト、結構気合い入ってて、その点でも眼福でした。ごちそうさま。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・わん

Still quiet here.

Comments are closed.