滅びのマヤウェル―その仮面をはずして

このページは約 1分10秒で読めます。

滅びのマヤウェル―その仮面をはずして読了。

うむ、冒険活劇的なドタバタとヒロインたちのと交流を描いた正道的な一作。主人公が男装した女性だということを除けば(笑) 文章……というか、設定やキャラクター造形に月姫──奈須きのこ──の影響が見て取れますが、独自の世界観の構築はなかなか見事ですし、登場人物の誰もがキャラ立ちしてるし、結構萌えるし。

物語の重要な位置を占める玉樹の口調とか、狙いすぎと分かっていながらも素直に可愛いと思えてしまったり。彼女のバックグラウンドは、決して軽いものではないし、その歪みを責めることはできないでしょうけれど、主人公のユーキとの出会いと、交わした言葉が契約の如く彼女を縛ってしまったのは、幸いでもあり不幸でもあり。

前半の日常部分と後半のバトル部分のギャップがスゴくて、それは日常からの乖離を端的に現しているのだろうと思うのと同時に、もうちょっとゆっくりしてても良かったかなとか思ったり。

広げられた風呂敷は、畳まれきってなく、むしろこれからスタートという勢いなので、続巻希望ってことで、声を上げておこうかな。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 滅びのマヤウェル―その仮面をはずして

Still quiet here.

Comments are closed.