インサイド・ワールド

このページは約 37秒で読めます。

インサイド・ワールド読了。

読み終えるのにやたら時間かかってしまった。なんかここのところ忙しかったんだよう。

不思議も奇跡も何もない、あるのはちょっとしたSF分のみの恋愛小説といったところでしょうか。他人とのコミュニケーションが不器用な主人公三人による短編は外面よりも内面を描くことに重点を置いたような一人称でなかなか見事でしたね。いい感じ。

全編を通したテーマ的な要素は薄いながらも、この少年少女時代特有の青さにも似た恥ずかしさは、こういう日常を取り扱った作品でこそ味わえるものですよね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to インサイド・ワールド

Still quiet here.

Comments are closed.