ボクのセカイをまもるヒト

このページは約 1分9秒で読めます。

ボクのセカイをまもるヒト読了。

新シリーズ開始。というよりも、私はしばらくリリースされていない「学校を出よう」シリーズの新刊が楽しみなのですが。

複数世界の接触による世界の崩壊を救うために云々、というと「終わりのクロニクル」シリーズとの設定の重なりを感じてしまいますが、本作は比較的お気楽極楽な展開で、悲壮感とか使命感とか、自らに殉じるという覚悟的な部分よりも、ドタバタに重きを置いているような印象。まぁ、妖精の津門綾羽紬が一人使命に燃えてるよな空回り感を楽しめというのか? 彼女はツンデレ系なのは間違いなさそうだけど、まだまだツン状態のまま。デレッとする日は来るのでしょうかね。

どうにも語られている部分が多くないし、顔見せ的な印象が強いのが残念かなと。せめて当座の敵との決着は付けておくとかしてほしかった。まだ他の勢力がわんさか残っているのだし。あまり長丁場にならずに、ある程度短期決戦で物語をまとめてくれた方が密度も高く楽しめそうなお話ですね。

あ、挿絵がなかなかサービス精神旺盛なので、それはそれで楽しめます(笑)

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ボクのセカイをまもるヒト

Still quiet here.

Comments are closed.