終わりのクロニクル 6〈下〉

このページは約 1分39秒で読めます。

終わりのクロニクル (6下)読了。

ああああ、ついに佐山と新庄が一線をおおおおっ!? というのは置いておいて、あとはクライマックスへ駆け上がるだけといわんばかりの見所たっぷりな巻でしたね。

Low-Gに対する裁判と、それに先駆けての再交渉。佐山の手練手管、支離滅裂な論理展開、全竜交渉部隊のトンデモなやりとりの後の、覆される事実。と、ここでさらに舞台をひっくり返す設定を明らかにする二転三転さが、なかなか。といか、ここ、逆転裁判の影響がちらほらと(笑) そういえば上巻では思いっきりバキのパロディもあったしなぁ。微妙なネタを持ってきて楽しませてくれます。

予想外の組み合わせの最終対決も、これまでに登場した概念を総投入の、シーンを想像するのが困難になりそうな外連味たっぷりの描写が光ります。覚と老主任の1st-G概念化の怪獣大決戦は意味が分からん(笑) 大久保ってなんだ大久保って。

で、前巻に引き続き飛場少年の成長に結構な力が注がれてますね。これまでに相対してきた中でも最強に近い将軍ハジを当て、敗北必至の状況を必死の一字で覆す様は、なかなかの見所。御影が独り立ちを始める中、置いて行かれるような錯覚を覚えた、そんなわだかまりも何もかも捨てて、強く在りたいと願う一念は共感せざるを得ません。

そして、本巻の引きは否応なしに最終話への期待を高まらせます。全ての概念核も奪われ、新庄が倒れた中Top-Gとの対決がどのような結末を迎えるのか、1,000ページ超のとんでもないボリュームの次巻を焦がれて待つのですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 終わりのクロニクル 6〈下〉

Still quiet here.

Comments are closed.