WW―記憶師たちの黄昏

このページは約 1分23秒で読めます。

stars 主人公交代? ぐっと読みやすくなった第2作

読了。

前巻に比べてずいぶんと読みやすくなったような……。

でも、相変わらず登場人物たちの吐く大言には慣れませんね。この辺は作者氏のもともとの土俵が影響してるのかもなぁ。あまりライトノベルで見かけるような文体ではないような気がします。

それにしても、前巻から何エピソードかすっ飛ばしたようなキャラクターの変容ぶりが意外といえば意外ですね。主人公として主観で語らせるには少々特殊すぎた誠人から萌恵サマ主観の文章に変わって、相変わらず彼女の語尾は変ですが、テンポ良く読めるようになっています。性格変わってるけど(笑)

黄昏と副題に付いているから、完結させるつもりで書いていたのかと思ったら、思い切り次巻に続いてますね。敵も味方も駒は出そろっているようなので、あとは広げた風呂敷をたたむだけでしょうね。

相変わらず脳に関係する学術用語が乱舞してますが、その辺はノリでスルーするのが良いのでしょうね。深く考えてしまうといろいろツッコミどころがありそうな予感がしますし(^^;

hReview by ゆーいち , 2007/09/08

WW―記憶師たちの黄昏

WW―記憶師たちの黄昏 (電撃文庫 (1173))
吉田 親司
メディアワークス 2005-11
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to WW―記憶師たちの黄昏

Still quiet here.

Comments are closed.