終わりのクロニクル 7

このページは約 45秒で読めます。

終わりのクロニクル〈7〉―AHEADシリーズ読了。

とにもかくにもクライマックスの連続。各々の因縁と過去に決着を付けての大団円。というか最終巻でこの物量はあり得ない。さすがに終盤疲れが出てきましたが、きれいに片付けてくれたので満足度高し。まロさ具合も最高潮。ライトノベルにおける性描写の限界に挑戦してる風味な佐山×新庄のらぶらぶシーンはとんでもないことに……。すげぇよ。

それにしてもAHEADシリーズの第一作がこの規模というのは恐ろしいですな。まだまだ川上稔の頭の中には描きたい世界・物語が巡り巡っているのでしょう。近いうちに、その新シリーズとの出会いを期待して、見事に完結した本シリーズへねぎらいの言葉を。お疲れさまでした!

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 終わりのクロニクル 7

Still quiet here.

Comments are closed.