滅びのマヤウェル―この愛がナイフでも

このページは約 49秒で読めます。

滅びのマヤウェル―この愛がナイフでも読了。

サブタイトルがかっこいいなぁ。さらにトンデモなキャラクターを参戦させ、バトルが激化すると見せかけて、それぞれの恋愛方面を主題に描いてくるとは。やはり戦闘シーンは、テンポや描写の面でそれほど唸らせられるということはないのですが、彼女らの行動原理の根幹にある、秘めた想いというものをテイストに動き回られるともう……。

一生懸命だったり、ひねくれてみたり、それと気付かず勘違いしてみたり、空回りしてみたりと、くるくると手を変え品を変え、コミカルに、シリアスに描かれる登場人物の内面は、読んでて楽しいですね。

エピローグもきれいに決まってて良い感じ。どっかで見たことのある設定などというのは気にせず、作品のテーマを楽しむことができましたね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 滅びのマヤウェル―この愛がナイフでも

Still quiet here.

Comments are closed.