円環少女〈2〉 煉獄の虚神(上)

このページは約 1分12秒で読めます。

円環少女 (2) 煉獄の虚神(上)

読了。

楽しみにしてたシリーズの新刊。と思ったら(上)って付いてたのに読み終わってから気付くワナ。うあー、あの引きは非常に気になる。次巻の発売が来月だというのがせめてもの救い。

魔術師としての誇りと、ぬるま湯的な疑似家族生活の居心地の良さの間で揺れるメイゼルと、彼女を想う本来なら共闘すべき相棒であるはずの仁のすれ違いが痛々しいお話。

冒頭に挿入された、仁とメイゼルの出会いを描いたエピソードから始まる本編の構成はなかなか巧いなと思ったり。最初に相対した敵との因縁が、そのまま、おそらくは最大の敵との対決への伏線になっていたり、小難しい魔法戦闘の描写は置いておいて、読み応えある一作でした。

また、所々でメイゼルが見せる、ドSな性癖と、仁へ向ける恋する少女的な真っ直ぐな気持ちのギャップが、彼女を非常に魅力的に思わせます。

すれ違ったまま、互いに望まぬ別離を果たしてしまった二人の行方が、気になったまま1ヶ月待たされるのは辛いですね(^^;

巻末の用語集は、裏設定も書かれていたりして助かります。1巻再読のお供に。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 円環少女〈2〉 煉獄の虚神(上)

Still quiet here.

Comments are closed.