蟲と眼球とテディベア

このページは約 44秒で読めます。

蟲と眼球とテディベア読了。

相変わらず毒の強さが感じられる日日日作品。まぁ、最後がかなりハッピーエンド寄りなので、不幸分は少なめですが、そこに至るまでの各キャラの葛藤ぶりやら生い立ち・人生の道程の不幸っぷりやらは、なかなかにきついものがあります。

ストーリーを進める柱の一人、グリコこと眼球抉子をはじめとした、とってつけたような名前と性格と設定のキャラを出しながら、それでいて日日日らしい文章を書き、さらに他のシリーズと異なった雰囲気をすら描くというのは、正直舌を巻きますね。

続編書きづらそうな終わり方だなと思いつつも、思わず一緒に買ってしまったので、続巻もさくっと読んじゃいます。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 蟲と眼球とテディベア

Still quiet here.

Comments are closed.