S式コミュニケーション(1) 君はぼくを殺しにきた

このページは約 1分14秒で読めます。

S式コミュニケーション(1) 君はぼくを殺しにきた

読了。

至る所で顔を出すパロディネタや、お下品ネタの数々。でも、意外に話の展開はしっかりしてて、きっちり主人公が成長を果たし世界を救って見せたり。なんとなくそこまでたどり着く展開に、ご都合主義が顔を出したりしているけれど、そんなものは勢いで正面突破。テンション高くてすらすら読め、楽しい文章でした。まぁ、下ネタ系がやや露骨だったりするので、お色気に萌え、というよりはネタとして笑えということなんでしょうけど。

序盤は主人公泣き言ばかり言うし、何かにつけて「~だよぅ」とかうざいことこの上なかったのですが(^^; まぁ、それはそれとして、締めるべきところでしっかり活躍してくれたあたりは面目躍如。

お隣さんの姉妹ルートはうっちゃって、いきなり大宇宙規模の事件に巻き込まれてしまい、一生懸命な月子さんが可哀想なくらいなので、ぜひ次巻では救済エピソードを用意してほしいところ。なんかまた『スウォード』がやってきて、鏡姉妹のパートナーになったりしそうな気もしますが。

エピローグできれいに幕が降りたかと思ったら、全然問題解決してないし。続巻もこの調子でノリノリな展開を希望。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to S式コミュニケーション(1) 君はぼくを殺しにきた

Still quiet here.

Comments are closed.