天使のレシピ

このページは約 1分51秒で読めます。

天使のレシピ読了。

呪いにも似た恋に振り回される男女を描いた短編連作。「呪いのような恋」が言葉遊びの単なる比喩ではなく、実際にストーリーの重要なタームであったりしてファンタジー。この辺が電撃らしいというか。

描かれるのは恋を恋と気づけない男の子だったり、彼氏がいるのに他の男の子にキスしたくなる病に悩む女の子だったり、実験で恋愛してみようという変な男の子に告白した女の子だったり、一線を飛び越えて行き着くとこまで行ってしまいそうな恋人たちだったり。普通なようで普通じゃない4編のお話でした。

どれもまぁ初々しくて見てられないんですが、3番目の「恋愛実験」がツボ。いやいや、恋に浮かれる女の子の心理描写がとても好みです。つきあい始めたばかりの、少しずつ距離を縮めていこうとお互いに努力したり、何気ない言葉でときめいたりと、ドリームですね。

2番目のお話「トランキライザーキス」は、えろーい(笑) キス魔ですよキス魔。微妙に背徳的な感じがするので、好みが分かれそうなのがアレですが。彼氏も彼女を大事にするよう努力しなさいと、暗にお告げがあるような。

残りの2編もなかなか楽しいのですが、文章が微妙に崩れてて読みづらいかな。作品の雰囲気は出てるのですが、校正が足りないのか、それとも意図的なのか、どっちなんでしょ。

物語に関わってくる、背後にいる人物たちについて、ほとんど説明がないのと、まったくゴールにたどり着いていないあたりから、もしかしたら続編とかの構想もあるのかも? 彼らは微妙に報われずに終わっているので、ハッピーエンドで終わらせてくれるなら、この先も読んでみたいですね。本作のエピローグのように、静かな余韻を残した物寂しげな幕引きも、別に嫌いではないのですが。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 天使のレシピ

Still quiet here.

Comments are closed.