断章のグリム〈1〉灰かぶり

このページは約 1分19秒で読めます。

断章のグリム〈1〉灰かぶり読了。

ホラー。

でも、設定的にはライトノベル的ではあるので、この凄惨な描写が好きか嫌いかだけが、この作品を読み進められるかどうかの分かれ目ではないかと。氏の既存の作品(Missingなど)は読んだことないのですが、感想を読んでみると雰囲気的には変わらないのかな。

この手の日常と狂気の境目を描いた作品は結構多いですが、本作はかなり楽しめたかな。童話をメタファーとした異形な事件に立ち向かう主人公とヒロイン。主人公の得た能力が、暗喩された物語への共感を第一条件に発動したりするので、今後の展開としては、そこを導くための推理などの要素も入ってくるのかな? やたらと説明くさくなる部分があるのはご愛敬。別にここまで饒舌に解説しなくても、理解しづらいほどの難解さは感じませんでしたが。

最近はこの手の鬱なエンドを迎えるジャンルが増えてきてるのかなぁ。魔女式とかは、ヒロインの自傷癖など共通項が感じられたのでオーバーラップして二重苦。

誰も彼も救われない後味の悪さは、今後のシリーズでも続いていくのかな。結局は負け戦にしかならない戦いに身を置くという不条理さなども、掘り下げて描いていくなど、行くとこまで行ってほしいですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 断章のグリム〈1〉灰かぶり

Still quiet here.

Comments are closed.