蟲と眼球とチョコレートパフェ

このページは約 42秒で読めます。

蟲と眼球とチョコレートパフェ読了。

前巻のへこみまくりな引きに対して、今回はやや明るめの展開。所々で日日日氏らしい人間の悪意の醜悪さの描写などがありますが、ラストがやたらと(一部のキャラに対して)ハッピーエンドだったのが正直意外でしたね。

これまでの眼球抉子を主役にした物語ではなく、逆サイドからのストーリーで、話を引っ張るのもこれまでの敵方だったキャラだったり、新キャラだったり。視点を変えるとここまでキャラが変わるかと驚く某女史はともかく、竜ゑと御貴の関係はありがちながらも良いものです。

放置プレーを喰らってたままの愚竜と閣下こと鈴音嬢も、次では救われると良いなぁ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 蟲と眼球とチョコレートパフェ

Still quiet here.

Comments are closed.