されど罪人は竜と踊る Assault

このページは約 1分3秒で読めます。

されど罪人は竜と踊る Assault読了。

ガユスの黄金時代を描く過去編その1。本編は停滞しているけど、あそこからどう進むのか正直想像も付かないので、過去のジオルグ事務所時代の、謎だった部分が明らかになる本作は、普通に歓迎。

というか、ギギナが意外に良識人だったり、クエロもお茶目な側面を覗かせていたりと、本編の殺伐とした空気とは微妙に異なる、それこそ仲間内の気の置けない関係というのが描かれていたように思います。

それでも、その世界に横たわる根本的な問題や退廃感などは変わることもなく、力ないものを打ちのめし、力あるものは我が世のごとく振る舞うという、根っこの部分は相変わらず「され竜」してますが。

蜜月ともいえるクエロとの出会いから1年と少し、事務所の崩壊がガユス自身の裏切りで生じたという独白、そのピースが少しずつはまってきているようです。パンハイマの意味深な物言いといい、彼女が何かしら関わっているように想像しているのですが、真相は……?

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to されど罪人は竜と踊る Assault

Still quiet here.

Comments are closed.