マテリアルゴースト〈2〉

このページは約 2分で読めます。

マテリアルゴースト2読了。

キャラの掛け合いなどは非常に軽快で、前巻に比べてずいぶんと好みの雰囲気になっているのですが、やはり主人公の在りようの歪さが際だって、違和感が消えませんね。

作中の冒頭で、自らの死への指向性を生理的なものと語らせていましたが、それは第1巻でも仄めかしておいてくれれば、あるいは見方も変わってきたのかなという気もします。自分の命を軽視しているようで、周囲の人間への気遣いを見せたり、時々やたらとひどいことをいったりと、主人公・蛍の行動に一貫性が見えないのが辛いなぁ。いや、普通に友達思いで良いヤツだといういうのは、周囲に集う人たちの言動で容易に理解できるのですが、意図的なのかそうでないのか、蛍がその好意の多くを重荷に感じているように思えるのが非常に理不尽で。

今回の事件の関わりは、次回以降に描かれるであろう、さらに大きくやっかいな事件への繋ぎ的な位置づけで、神無姉曰く「数年来の厄介」さを感じさせない小物感あふれる描写ばかりだったのは、こけおどしなのかな。むしろ、前巻の「中に居る」のが脅威さは顕れていた印象。今後もこのレベルの霊が出てきたりして、バーゲンセール化するのは避けてもらいたいところですね。

むしろ、蛍の能力と、死への指向性の因果関係と、彼の存在によって引き起こされうる災厄を巡っての展開になるのかな。

いずれの方向へ進むにしても、重苦しいお話になりそうですが、個人的にはダークな方向へ走りすぎず、適度に肩の力を抜けるようなほのぼのシーンも入れてくれたバランスのよいストーリーテリングを期待したいですね。どうにも各キャラまんべんなく活躍させようとして、かえって散漫になってる感もあるので、ユウならユウ、鈴音なら鈴音とフラグをきっちり立ててください。先輩? 彼女は、今回くらいの意地悪さと、肝心なところで役に立たないへっぽこさがよいので、そのままでいてください。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to マテリアルゴースト〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.