神様ゲーム4 カミハダレトオドルベキ

このページは約 1分52秒で読めます。

神様ゲーム4 カミハダレトオドルベキ読了。

前回のラストを引きずっていて、序盤からやたらと重苦しい雰囲気で話が進行するのは、初めてかも。これまでは、なんだかんだで生徒会メンバーそれなりに和気藹々とやっていたのが羽黒が抜けただけで、ばらばらになりかねない危うさを見せてくるとは。彼女が加わったことがどれだけ生徒会メンバーにとって大きな意味を持っていたのか、実感せざるを得ません。

羽黒の、自身の願いをひた隠しにしつつ姉に従い、姉の願いを叶えるために奮闘する姿は、友人を傷つけまいとする彼女の優しさ故に、板挟みにも似た状況で苦しんでいたように見えます。黒猫の仮面で表情を隠しても、言葉で、所作で伝わるものは伝わりますし。動揺に目を曇らせていた多加良らも、彼女への信頼を取り戻した後は、それに気づけていたようにも見えます。

不満というか、物語の筋的に、羽黒一族が神を自らの元へ迎えることが悲願であるといいながら、手段を選んでいるあたりが違和感ですね。姉の凜音は特に、これまでの描かれ方だと、羽黒本人が望もうと望むまいと、障害は無情で排除しそうな感じだったのですが、羽黒の願いを聞き届けてくれたのは、彼女なりの優しさなのやら。それをいえば、切羽詰まってる状況で、「ゲームしましょう」と持ちかけられて、乗ってくるこれまでの相手も相手ですが。ゲームへのネーミングセンスは最悪ですし(笑)

結局何事もなかったかのように、日常が帰ってきたりしながらも、かのう様と、和家にまつわる設定なども少しずつ明らかにされ、物語もターニングポイント。和家の背後を知ってしまうと、無邪気に見えた彩波も、この和家のシステムを理解しているのなら、いずれは多加良と対立するときが来るのではないかと、要らぬ老婆心を働かせてみたりするのです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 神様ゲーム4 カミハダレトオドルベキ

Still quiet here.

Comments are closed.