灼眼のシャナS

このページは約 1分16秒で読めます。

灼眼のシャナS読了。

短編集です。ナンバリングされてないから、本編とは離れたエピソード3編を収録。最後の掌編「キープセイク」は、むしろ短編として切り離すより『灼眼のシャナX』に収録してくれた方が良かったかな。チェルノボーグのツンデレぶりは良いのですが、すでに既刊で彼女らの物語は終わっているため、このタイミングだとどうにも蛇足に感じられなくもないのです。

マージョリー女史の話『マイルストーン』は、彼女の足跡とフレイムヘイズの背後組織の説明と、異端的なフレイムヘイズの末路を描いていたり。過去のシャナならば使命第一で目的を違えることなどなかっただろうけれど、現在の悠二と出会ってしまった彼女はその轍を踏みかねないという暗喩かなーとか邪推。

吉田さんの誕生日を描いた『セレモニー』は、ただひたすらに平穏で幸せな日常。そしてそれがいつか崩れるであろうことを暗に告げているために、そんな一コマが眩しくもあり、少し切なくもあり。

前回の短編集『灼眼のシャナ0』に比べれば、よほどまともな作品ばかりなので、その質に文句はないのですが、やはり非常に良いところでお預けを食ったままの本編を、とっとと進めてほしいのです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 灼眼のシャナS

Still quiet here.

Comments are closed.