SHINO ―シノ― 黒き魂の少女

このページは約 1分3秒で読めます。

SHINO ―シノ― 黒き魂の少女読了。

名探偵シノシノ大活躍! ちげー!

メインストーリーとなるデッドエンドコンプレックスを巡るそれと、閑話休題的な吸血鬼話の二本立てに近い構成なのかな。相変わらず富士見ミステリ文庫なのにミステリしてないというか、推理の過程をすっ飛ばして結論にたどり着いたりとか、ミステリ期待しちゃだめですね。志乃ちゃんの可愛さと、黒さと、危うさに、主人公よろしく振り回されましょう。

なんというか、様々な作家さんからの影響が見えてますかねー。あの方とかあの方とか。この辺自分らしい文章へ昇華するための精進を期待。てか、すでに2巻も買ってるので後戻りはできませんけどー。

あと、あからさまな誤字と誤表現が目に付いたのが……。「ニュートラルネットワーク」は「ニューラルネットワーク」だろうし、モニタに繋がれているのが、床に置かれた「HDD」だったりと、コンピュータ用語を使ってる割に、こういう明確な校正不足は減点でしょうか。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to SHINO ―シノ― 黒き魂の少女

Still quiet here.

Comments are closed.