クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

このページは約 43秒で読めます。

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

読了。

面白かったです。推理もののセオリー通りの進んでいったかと思ったら、最後の最後で思い切り予想を裏切られて、してやられた感たっぷり。心地良い。

各方面へ影響を与えたといわれるだけあって、なるほど、この手の文体の祖であるのなら、もっと早くに読んでおくべきだった。

こういったキャラ作りは、やはり現在においてはそれほど珍しくないのかもしれないけど、非常に生き生きとしてますね。また、何気に毒の強いラストのタネ明かしも、語るキャラがキャラだとさらりと流れていったり。

本の単価が高いから、全部揃えるのは大変ですが、頑張って次々に読んでいきますかー。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

Still quiet here.

Comments are closed.