殺×愛〈4〉―きるらぶFOUR

このページは約 1分1秒で読めます。

殺×愛4―きるらぶFOUR読了。

閑話休題的に天使との戦闘は一休みして、学園祭に突入。高天原先輩の突き抜けっぷりがやたらと印象に残った巻。以前の顔出しでは正直微妙な役柄で登場したかと思ったら、株を上げたように思います。まぁ、恋愛原理主義の体現でもある彼女の理念が、本巻では一貫されて他の生徒にも伝染していたのかなと。

主人公・密と幼なじみな来夏、利用し利用されるはずの立場ながら、互いに思いを寄せつつあるサクヤの三角関係が、一つの結末を迎えたエピソード。結局、来夏の想いは報われないし、密の自らの裡に芽生えた気持ちを否定するために、サクヤを道具として見なすための決意は、次巻の波乱を予感させますね。

描かれた平穏な日常は、それ以降の滅びを盛り上げるだけの一時的な凪なのか、それともいずれ訪れる日々を予感させるものなのか、どうにも作風を見るとあとは崩壊一直線な感じもしますが、せめてどこかに救いを見いだしたくもあります。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 殺×愛〈4〉―きるらぶFOUR

Still quiet here.

Comments are closed.