狂乱家族日記 伍さつめ

このページは約 54秒で読めます。

狂乱家族日記 伍さつめ読了。

急転直下の第5巻。盛り上がったところで次巻へ続いてしまうので、消化不良気味ですが。

『来るべき災厄』の真実は、ぶっ飛びすぎて驚くという以前に、ついて行けないところもありますが、この作品のノリからするとなんとなく許せてしまいそうな気になる不思議。平塚雷蝶のキャラが、がらりと変わった気がして、そういえば別のシリーズでも同じ印象を抱いたキャラがいたなぁと。狙って書いてるのかなぁ?

作中では結構切羽詰まってる事態が発生しているのに、どうにも危機感が足りないのは、凰火・凶華をはじめとした狂乱家族の会話が非常に楽しいからかと。巻を追うにつれて、少しずつ家族になっていく雰囲気は、しっかりと描写されてなくても伝わってきますしね。

最終的な感想は次巻に持ち越すとして、それでも楽しく読めた一冊でした。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 狂乱家族日記 伍さつめ

Still quiet here.

Comments are closed.