小さな国の救世主〈2〉 おざなり将軍の巻

このページは約 1分8秒で読めます。

小さな国の救世主 (2) おざなり将軍の巻

読了。

相変わらずの平和ボケっぷりで、現実にそこにある驚異から目を逸らしつつも、なんだか上手く世渡りしてしまう主人公のお話。前回は2chで機転を利かせ、今回はIRCから知恵を得る、と。一介の学生が絞れる知謀なんてたかがしれてると思いつつも、ご都合主義でとんとん拍子に良い方向へ進んでるような。実際、現行政権の行ってる非道は看過できないにしても、方向間違えて泥沼内戦状態が続くくらいなら一気に統一された方がマシだと作中でも語られてますが、政権トップの器が知れてるので、終盤で裏切りフラグも立った模様。

万能でない主人公が、周囲の協力を得ながら苦難を乗り越える展開は好きですが、やはり主人公の魅力がやや欠けなのが惜しいですね。ヒロインのリューカ姫との関係も、受け身だし自分から何かを変えていこうと考えられるようになるまでは、もう一皮むけないといけないということでしょうか。

しかし、やはり現代の架空の国家を舞台にした「日帰りクエスト」という印象は拭えないなぁ。これはこれで面白いんですが。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 小さな国の救世主〈2〉 おざなり将軍の巻

Still quiet here.

Comments are closed.