紅―ギロチン

このページは約 1分24秒で読めます。

紅―ギロチン読了。

あ~、紫は可愛いな。禁断の世界に踏み込みそうになるくらいの魅力にあふれた七歳ここにあり。年の差なんて気にしない純愛っぷりが素晴らしい。

それはおいておいて、今ならわかる。確かにこれは西尾維新ぽい。登場人物の配役が、かちりとはまりそうな気がします。それぞれ味は違うのですが。

『電波的な彼女』に比べれば、悲惨さの描写はやや薄く、ヒーローもの的な展開の本シリーズですが、主人公・真九郎の成長過程と、周囲の人物との関係を楽しむことができて重畳。もっとも、冒頭の猟奇犯の描写は飯を食いながら読むものではないとやや後悔しましたが(^^;

新キャラの『ギロチン』との決着がお預けになったのは、ご都合的ではありますけど、真九郎自身の未熟さや、悪宇商会の組織としての巨大さ、どうにもならない理不尽さを抱えたままの世界を、再認識させる装置としての役割は十分に果たしていたような。未決着なままだけど、なんか知らないところで果てたりしてたらも非常に残念なので、どこかで再戦を描いてほしいところです。

容赦なく厳しい世界を描きつつも、そこに確かにある、小さな暖かいものを守ろうとする真九郎の三流さは、だからこそ尊いものと思えたりします。『電波的な彼女』シリーズともども、非常に先が楽しみな作品です。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 紅―ギロチン

Still quiet here.

Comments are closed.