ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種

このページは約 1分で読めます。

ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種

読了。

冒頭から飛ばしてますね。ついに現れた橙なる種・想影真心。最強を超えた最終としての存在のでたらめっぷりには、いーちゃんならずともインフレしすぎとツッコミを入れたくなります。といか、サブタイトルに偽りありだろう。出夢くんも、結構気に入ってたキャラなのに、あっさり退場かよう。

緒戦で手痛い敗北を喫し、その途中でまた登場人物が退場し、けれどその後はなんだか淡々と進んでいった印象。人望のない狐さんは、あっさりと手駒の十三階段を手放すし、挙げ句の果てには一方的な敗戦宣言。この辺の彼の思考は全く常軌を逸してるというか、裏があるのやら巣でこうなのかが理解できませんね。

で、また衝撃的な引きで最終巻に続くと。いや、もうなんていうか、物語としてかなり破綻してるような感じがしますが、狐さんの望む「世界の終わり」とやらは、メタ的な意味でのこういう混沌としたストーリーということなのか?

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種

Still quiet here.

Comments are closed.