戦う司書と神の石剣

このページは約 52秒で読めます。

戦う司書と神の石剣読了。

地味ながらも以前のシリーズの伏線をしっかりと回収しつつ進行する物語。過去に登場した人物たちの、また違った側面が描かれたり、『本』という形で死後も世界に関わり続けることを許容する世界観をしっかりと活かした地に足のついたストーリーテリングですね。

不倶戴天の敵同士と思われてた武装司書と神溺教団が深いところで同一の目的を持っていたり、謎の人物ラスコール・オセロの正体が明らかになったり ──こちらは1巻である程度想像付きますが──今回の主人公ミレポックとアルメの正逆の強さと弱さのを描くと同時に、世界の深淵に切り込んできていますね。

ここらで全巻再読して、物語を整理してみないとキャラを忘れそうですが、このしっかりした設定と不安定さを感じない盤石の展開は、なかなかないですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 戦う司書と神の石剣

Still quiet here.

Comments are closed.