かのこん〈2〉

このページは約 42秒で読めます。

かのこん(2)読了。

エロス一直線。何この萌エロノベル。

ということで、前巻以上にパワーアップしたあれやこれやの描写は、倫理規定ぎりぎりじゃないかといった風情。というか、一線超えなければ何やっても許されるのか? マニアックといえばマニアックなちずると耕太のプレイ(謎)は、誰はばかることなく過激化の一途。いや、もう、バトルとか張られた伏線とか、そんなのは些事といわんばかりの擬音に刮目せよ。

流されてばかりの受け身な主人公・耕太だけど、少しは男を上げたような。その辺の成長劇もこっそりしっかり展開しつつも、やはりこの作品の本質はエロスだと思うのですよ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to かのこん〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.