かのこん〈3〉ゆきやまかぞくけいかく

このページは約 41秒で読めます。

かのこん〈3〉ゆきやまかぞくけいかく読了。

いかん、内容が思い出せない(笑)

終盤の超展開を除いて、ほとんどいちゃいちゃらぶらぶな展開だったような気がするけど、無理に話を進めようとして乱入者が出てきたり、ちずるの能力の覚醒を描いたりして話の腰を折っているような気がしてなりません。

相変わらず、ちずると耕太は一線を越えないくせに、えろえろなスキンシップに耽溺して読者サービス旺盛ですね。作者は確信犯的にこんな寸止めを描いているようで、意地が悪いなぁと思ってしまいます。や、そこで歯止めがかからなかったら、それこそレーベル変えて出版しなきゃいけなくなるけどさ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to かのこん〈3〉ゆきやまかぞくけいかく

Still quiet here.

Comments are closed.