Missing〈2〉呪いの物語

このページは約 48秒で読めます。

Missing〈2〉呪いの物語読了。

神隠しに続いてのテーマは「呪いの手紙」。変形して「呪いのFAX」となっていますが、そこに本格的な魔術要素を絡め、主人公グループの一人・木戸野亜紀の内面と血筋にまで踏み込んでいく展開はなかなかに重厚。相変わらず、空目の語る黒い知識の説明は、説明的すぎて人間味を感じないのですが、もう、そういうキャラと割り切るしかないのでしょうか。存在の希薄さが目立って彼に個性を感じることができませんね。

エグい描写がパワーアップして、血生臭ささえ感じそうなどろりとした描写が鬼気迫りますね。見えない「狗」の姿に感じる薄気味悪さにくわえ、亜紀の身に起きる呪いの効果の描写が余りに生々しくて、非常にイヤな物語でしたね。後味も悪いし。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to Missing〈2〉呪いの物語

Still quiet here.

Comments are closed.