Missing〈9〉 座敷童子の物語

このページは約 46秒で読めます。

Missing 9  座敷童子の物語読了。

座敷童関係ないじゃん、といった感じの第9巻。上中下の3冊構成ですが、各巻がずいぶんと薄くなってるので、別に上下巻でもよかったんじゃないかなぁ。

話的には再び現れる魔女・十叶詠子、復活する魔道師・小崎摩津方、そして空目らのグループの分裂の予兆、一般人代表だったはずの近藤の選択と決断。

人物の内面を巧みに描き、この空中分解さながらの離反劇を違和感なく見せてくれます。単なる仲良しグループではなく、皆、心の中に人には触れさせることのできない何かを持ち、それを守るためなら裏切りとも取れるような行動も辞さない。この理性的で非理性的な各キャラの行動が、今回はホラー描写よりよほど異常に映ります。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to Missing〈9〉 座敷童子の物語

Still quiet here.

Comments are closed.