Missing〈10〉続・座敷童の物語

このページは約 43秒で読めます。

Missing(10) 続・座敷童の物語読了。

薄! それでも見るべきところはあるし、盛り上がりはありましたね。特に終盤の近藤の心の叫びともいえる心情の吐露。何もできなくとも、稜子を守りたいと願い、それ故に友人を裏切り、圭子を人身御供として摩津方に捧げる苦渋の選択。ここにおいて決定的に道は違え、そしてその間を別ったのは、まさにこちらとあちらのいずれに身を置くか、それ一点に尽きるかと。

“どうじさま”は「童子」にして「同時」。そして、”どうじさま”が見立てた”そうじさま”は空目の弟「想二」にして「相似」。言葉とイメージは連鎖して、ついに全ての始まりである神隠しへと立ち戻ってきた感があります。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to Missing〈10〉続・座敷童の物語

Still quiet here.

Comments are closed.