Missing〈11〉座敷童の物語・完結編

このページは約 50秒で読めます。

Missing11 座敷童の物語・完結編読了。

明らかにされる魔女の目的。学校という一種の閉鎖空間が、そのまま魔女の釜の底であるかのように手駒は揃い、目的達成のための準備は進んでいって。

それぞれの登場人物が、出会いの中で自分を取り戻したり、失ったり。近藤の友人を思うあまりの行動が、凄惨な結果を呼んだり、俊也はついに自らに科した軛から解き放たれたり。これまでいいところなく、後手後手に回っていた俊也の覚醒ともいえる変化は、その内面の反転とともに、彼がついにあちら側へ渡ったことの現れにも思えます。

役者が揃い、広げた風呂敷を畳んでやるぜ感がひしひしと伝わってきますが、これまでに展開された物語のどれもが、ラストエピソードへ向かって収束している感覚は、なかなかないものではないかと。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to Missing〈11〉座敷童の物語・完結編

Still quiet here.

Comments are closed.