Missing〈12〉神降ろしの物語

このページは約 56秒で読めます。

Missing〈12〉神降ろしの物語読了。

12巻ですが、ちゃんとこれまでの11冊も全部読んでますよ? 感想書いてないだけで。

ということで、シリーズ最終章の前巻。役者は全て舞台に上がり、傍観者たる我々は、この物語の幕引きを見届けることしかできないわけで。すでに、異界と化している学校で、何も知らずに日常を送る一般人たちは、すでに贄としての役割を強制的に背負わされ、また「運悪く」犠牲になる誰かのあまりに淡々とした扱いこそが空恐ろしく感じられます。

怪異の蔓延る隙間は、本作にしてついに携帯電話なる近代的なアイテムを媒介してさえも感染をはじめ、まさに逃げ場なし。唐突に現れた『機関』の芳賀の動向も気になるし、袂を分かった近藤と空目ら主人公グループの復縁はあるのか? 魔道士と魔女の対立すら予感させるに止まりながら、残すところ1冊。まさに引き込まれるお話であります。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to Missing〈12〉神降ろしの物語

Still quiet here.

Comments are closed.