サンダーガール!〈3〉闇ノ宮

このページは約 1分33秒で読めます。

サンダーガール!〈3〉闇ノ宮読了。

前巻で仄めかされた敵対組織の長が早くも出張ってきたり。彼の行動原理が私怨に基づいているように感じられて、あまり脅威と感じられないのはどうなのかなぁ。組織的にもアマツカサに匹敵するというよりは、内部事情を知っているからこその機先を制することができた故の、小回りが利くという一点のみがアドバンテージな気も。

レイコとタカヤとクロノの因縁は、愛憎の感情が絡んでいるからこそ、理性で解決するには壁が厚く高すぎるのかも。この関係に取り込まれてる誰も彼もが一方通行な想いに苛まれてるのが、事態をより複雑にしてるのか、掛け違えたボタン、絡まり合った糸のごとく、関係修復への道は果てしなく険しい感じ。

メイ・ナナミ・マナの関係も少しずつ変化しているのか。ナナミに対し、友達であろうとするメイやマナの言葉が、使命感に囚われ続けていたナナミの心に、友情を芽生えさせてきているのが、険の取れ始めた様子から見て取れます。これまで、端から見て、誰かとじゃれつくような行為をしなかったであろう彼女の変化は、好ましい方向ではないかと思いますね。今回のタカヤとの決別による喪失は、二人がいたからこそ潰されずに済んだともいえますし。どうも百合百合した展開かと思っていたら、純粋に友情ものになってるなぁ。男性キャラがほとんど出てないし──今回出た新キャラ2名は、眼中になさそうだし──、そんな 3人の関係の変化を追っていくのも楽しみです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to サンダーガール!〈3〉闇ノ宮

Still quiet here.

Comments are closed.