ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書

このページは約 49秒で読めます。

ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書読了。

そうか、脱いだらすごいんだ、シエスタ。こういったドキドキエピソードが結構満載な第3巻。中盤まではルイズと才人のぎこちない想いのすれ違いとか、不器用な親愛の表現とか、くはー、ともだえそうな初々しいシーンが多くてお腹いっぱい。卑屈になりすぎるモグラ才人は私もうざいのであまり出てきてほしくないですが。

で、重要そうな要素が次々に明らかにされる終盤。ルイズは、大方の予想通りな零・虚無の系統の使い手だったり、『聖地』とやらの技術が、科学そのものっぽいとか、伏線張りまくり。異世界から来たる才人のような人間も、数は少なくとも前例として存在しているようだし、異世界同士の繋がりについても気になる要素が満載。

なんか普通に面白かった。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書

Still quiet here.

Comments are closed.