ゼロの使い魔〈7〉銀の降臨祭

このページは約 46秒で読めます。

ゼロの使い魔(7)読了。

横合いから思い切り殴られて戦争終了。と、アルビオンとの戦争はいきなりな終わり方を見せましたが、そこへ至るまでのルイズと才人の描かれ方がかなりよろしかったなぁ。

価値観の違いも、貴族の誇りにかける想いへの不理解も超越して、自分の命をかける覚悟に至った才人の主人公スキル全開さに燃えた。戦闘の描写が巧みかどうかはともかく、殿として、あの絶望的な戦況へ赴く悲壮感とか、残されたルイズの絶叫とか、終盤はとにかく心に響くものが。

この終わり方だと先の展開が苦労しそうだなと思いつつ、正道的な展開に燃え萌えした一冊です。

しかし、終盤の才人は修羅の刻の雷とカブってしかたなかった(^^;

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ゼロの使い魔〈7〉銀の降臨祭

Still quiet here.

Comments are closed.